二八十六|不発弾蕎麦@広島市東区馬木

東区は馬木に、美味い蕎麦屋。いや、ナナメ上をいっている蕎麦屋があると聞き訪問。

馬木となると、公共交通機関では手段に乏しいが、休日のちょっとしたドライブには丁度いい場所ではなかろうか。

広島市内から温品を抜け馬木へ。自然豊かで良いですなぁ。お店は大道から一本入った住宅街にあります。

駐車場は9台。この辺りもドライブにはもってこい。

店内に入ると、元気のいいスタッフが対応してくれます。カウンター3席、テーブルが4~5席。運良くカウンターが空いたので座る。

メニューに目を通す。

噂通り、ナナメウエ。蕎麦屋では見ない一風変わったものが並んでいます。盛り蕎麦がメニューのトップではなく1番下にあるあたり、店主のナナメな意気込みを感じられます。

頼むはもちろん、明らかにネーミングインパクトが強い「不発弾蕎麦」。なにやら広島系とな。辛そうで辛くない蕎麦?きになる。

注文するとスタッフさん「通常の蕎麦屋の2~3倍の麺量ありますけど大丈夫ですか?」

ビビる俺。グラム数を聞くと300gとのこと。

自分の中では300=ふつう、400=パンパン、500=ギブ、なので、結果、丁度ええやん!

蕎麦を茹でてる間に、つけ汁が到着。見た目が美しいね。確かに広島系とある通り、広島つけ麺のディテールに似ている。

一緒に辛味オイルも出されます。底にとどる唐辛子ペースト。ヨダレが出るぜ!

そうして間もなく蕎麦到着。

透き通った麺肌で何とも美しい。韓国人の肌といった感じ。例えが悪い。笑笑

一緒にエプロンも提供。気配りがナイス!

まずは麺を一口。細身とはいえ確かなコシ。ふわりと上がる蕎麦の香りがステキ。

次はオイルを入れず、つけ汁にチョン。

蕎麦屋であることを裏付ける、カエシの効いた美味しいつけ汁でした。

広島系とはいえ、広島つけ麺のつけ汁のような酸味はなく、ここは蕎麦屋たるもの、一線を画している。

器の中にはゴロゴロとした鶏肉が隠れている。柔らかくしっとりとしていて、味も良き。

ネギと一緒に食べると若々しい青ネギの香り豊かに、これまた美味い。

ここで満を持してのオイル投入。辛そうなので様子を見ながらの投入。辛味は初め優しくだが、食べ進めるに連れ、じわじわシットリと汗をかいていく。入れすぎると蕎麦の良さを殺してしまうから注意。

口が慣れてきて、蕎麦のおいしさ、全体的な旨さに白旗。

この赤いツブツブ、唐辛子だとは思うが、旨味、辛味のほか、甘みさえもある。美味い。

全て啜り終え、口の中にフワフワと残る辛味の余韻を、蕎麦湯でソッと流し込む。これもまた蕎麦の醍醐味。

オイルを大量に入れれば、辛党も納得の〝広島つけ麺〟にできようが、蕎麦のおいしさも残したい、爆発させたくない、そんな思いから「不発弾」としたのかな、そんな勝手な考察をしながら店を後にする太郎なのでした。

P.S.

メニューには、純粋な日本のお蕎麦のほか、イタリアン系やアジアン系などと豊富。実は今回訪問したのも、「ンドゥイア蕎麦」が食べたくて。残念ながら、今はやってないとのこと。

スタッフに聞くと「店長の気まぐれなので」と。またいつ出るかは分からない。様々な味に出会えるこの店の、店長の創作意欲に期待して、定期的に訪問していきたいと感じました。

美味しかったです!また来ます!ごちそうさまでした♪

投稿者プロフィール

広島ラーメン 太郎ラーメンブロガー
届け!ラーメンへの熱い想い!
広島の美味しいラーメンをポスト
かなり自由に書いてるのでご了承下さい

関連記事

  1. ねきらーめん

    みちまる|ねぎラーメン@広島市東区

  2. 我馬|WA・出汁麺〜塩の香〜@広島市東区(広島駅そば)

  3. 我馬|あさり潮麺(期間限定:四季のラーメン第四拾九作)

    我馬|あさり潮麺(四季のラーメン第四拾九作)@広島市東区(広島駅北口)

  4. そば屋ニ八十六 西成蕎麦

    そば屋 二八十六|西成蕎麦@広島市東区

  5. ドラゴンヌードル|チャーシュー麺

    ドラゴンヌードル|チャーシュー麺ドラゴンセット@広島市東区戸坂

  6. みちまる|ねぎラーメン@広島市東区

    みちまる|ねぎラーメン@広島市東区

Instagram